おんなふたりで家を買った話

家購入までのかんがえかた、建ててみてどんなふうになったか、そして資産構築など。聴覚障害向けのライフハックも経験談含め盛り込んでいきます。

普段使いのものからすぐできる自宅防犯方法

10年以上ほぼ毎日愛犬の散歩をしていて思うことがあります。

天候によって散歩コースが変わりますが、朝と寝る前の散歩が絶対、夕方は季節と路面状況によりますが愛犬と外に出ることをほぼ毎日やってます。(猛暑の今は自分とこの庭)

そのときによその家がちらっと目に入るのですが、

 

夏と冬が一番家を空ける確率が高い。

 

 

素人目から見てもすぐに分かる。

住民の年齢層にもよりますが、高齢者が多いと在宅率が高く、若年層が多いと留守率が高い傾向がある。

 

そのシーズン前後で下見っぽい不審な車を何度か見かけたこともあります。

スピードの落とし方や中の人の目線のやり方が本当に違うんですよ。

 

f:id:zzzhm:20190805145654j:plain

 

こういうの。一番多い時で大人の男性4人がこんな感じでノロノロ運転しつつ、一斉に真顔で家を舐めるようにじとーっと見てるのってものすごく変な行動ですよね…。

このときは全員外国人風貌の男性だったので異様なほどに印象に残っています。

※ポリスメンのほうがキョロキョロしてますね。家をお探しの人たちとも違う視線のやり方。無論外国人の方でも普通の人は日本人とそんな変わりませんし、人種問わず普通の人は必要ないのに特定区間だけノロノロ運転しません。

モデルはわかりやすくコナンの犯沢さんw

 

 

 

冒頭の事情で毎日出歩く必要性があるので、近所の車だけでなく生活・行動パターンがだいたいわかりますし、どこかの家を探しているようなそれとは違う不審な動きが際立って目立ちよく見えるのです。

 

というわけで今回は毎日愛犬散歩する人から目線の記事になります。

下見してるのと変わらないよね?と思いたちまして。

もうすぐお盆なので、ご活用ください!あっ年末や長期連休にもね!

 

 

在宅・不在の区別がつかない家ナンバーワンは…

 

 

ダントツでリモコン付きの照明!

 

 

我が家にもつけました。タイマー設定しておけば泥棒の目を欺けます。

コツはいつもいる部屋に設置すること。

 

こりゃダメだと思った家は、夜いつも照明がついている部屋がどこもついてなくて、いつもはつけてない玄関ホール照明(中)と玄関照明(外)を煌々とつけてた家ですね…。

ほんと、あれはダメ。全部消灯してるよりはいいけどわかりやすすぎて悪い例です。

 

 

警備会社と契約するかどうかはお任せしますが、隅まで目の届きにくい豪邸ならともかく、ごく普通の家が門扉に警備会社のステッカー貼っていると「何かあるの?」と思ってしまいます。魔除け的に使うのならアリだとは思いますが、「ここ入られやすいのかな?」ということと、「何か置いてるの?」の2点が真っ先に挙がりますね。

豪邸は普通に防犯カメラついてることが多いのですが、ごく普通の家は外回りには防犯カメラが見当たらないため、もしかして…という意味にもとられかねません。

もしそういう家ばっかりの地域だと果たして買いたくなるかな? と思うので覚書。

 

 

ある時、ビビったのは時々通る散歩コースに入ると警察官1人と鑑識数人がとあるお宅の周りを歩き回っていたこと。

なぜ警察が朝っぱらからこんなところに…?

 

いや鑑識って…え?ご近所で事件!?

 

初めて見たよー!銀っぽい紙やらビニールで何か写し取ってたり黒い立て札置いてたり!

鑑識のワゴンって業者のワゴンみたいにスチールラックが中にあるのね!!

これは空き巣被害に遭ってその捜査中でした。

 

そして、自治会回覧板で回ってきた空き巣被害が特定の地域に集中していることに気づく。

※犯行時間=家人不在の時間が見当つくのだが、それを回覧板に書くのかしら?大丈夫?「○時〜●時の間に〜」の書き方は悪用する人が近くにいたら相当まずいと思う。できれば侵入手口も書かないほうが良い。

上記とは別の場所で、ちょっと離れていたので散歩コースを変えていってみました。

あ、この家日中全員いないんだ。という家でした。そして塀や樹木で囲われていて表からは見えにくい家(玄関が北向きなので道路も北側)。しかも見た目が似ている家が連続しているので、泥棒は間取りが似ていると狙いを絞って順繰りに侵入して空き巣に入ったのだということと、回覧板情報と合わせて南側の掃き出し窓から割って侵入したのだなと容易に答え合わせができたのでした。

 

ほんとに素人目でもわかるの!プライバシーに気を使い、隠れられそうだと思える…

 

だめじゃぁぁぁぁぁん!!!

※容疑者絞れそうな気がするし通行人全員が怪しいけどここでは割愛します。昼間は難しい…

 

 

リモコン付きの照明

繰り返します。これです。設置場所はいつものリビングが良いでしょう。日没前から点灯させて、いつもの就寝時刻に近づけて消灯設定するのがベスト。

寝室にもつけておくと普段使いにも便利。夜に目立つ場所はリビング、寝室、居室。一階にはあっても二階にシャッターや雨戸のないパターン、天窓や吹き抜けの窓がある家も増えたので、外から明かりが見えるなら充分フェイクになります。

LEDが主流ですが、それに加えてタイマー機能を選択肢に入れてみてください。

調光機能があるとむちゃくちゃ便利で目に優しいです。今すぐGO!

 

パナソニック公式。過去記事のPanasonicのフラッシュランプ@我が家の場合 のときもそうだけどリモコンも古いなおい!w

sumai.panasonic.jp

 

実際にどういうふうに使っているか書いたよ(追記)

www.zzzhm.work

 

 

思い出してください。かの名作、ホーム・アローンを!

若かりし頃のトランプ大統領がチラッと出演していることも話題ですが(撮影場所がトランプタワーだったから)、ケビン少年の天才的なひらめきで二人組の泥棒とバトルを繰り広げるストーリーのアレです。 

泥棒が判断に迷ったシーンがまさしくそれ!照明がついていてハリボテで複数人在宅を装うシーン。

 

複数台持ち限定、車

照明に次いで判断がしにくいもの。

お出かけの際の交通手段は千差万別なことが前提です(お住まいの周辺環境による)

我が家のように2台持ちで、休日の買い物や食べに行くときはどちらかの車に同乗し、もう一台を置いていきますが、これが意外と使えるんですよね。交通機関を使うときは2台置きのときもあります。

1台でも自宅駐車場にあって、照明がついている部屋があったら…?在宅だと思いますよね。

車が全部出払ってても照明さえつければ大丈夫!な確率があがりますよ。

 

夏場限定、エアコン

夜遅くに帰ってくるならいっそのこと24時間つけてってください!猛暑の季節は特に気づかれるんじゃないですか?

窓開けっ放しは判断に迷うけど、ゲリラ豪雨被害を考えたら現実的ではないし、家族構成や行動パターンを把握されてて物音がしないとそこから簡単に入られ簡単に逃げられてしまいます。

夏以外の季節は外からはわからないと思うのでエアコンつけなくてもいいでしょう。

 

外干し派限定、洗濯物

これ。これが一番わかりやすすぎる。マメで規則正しい人ほど危ないと思います。

サンルームがあればなお良いだろうか?でも何日も変化なければ見破られるかもしれません。これは泥棒の性格と視力による。

過去記事のそれ要るかな、要らないかな/2@ベランダ にも書きましたが、我が家のようにベランダやバルコニーがない家はこの限りではありません。 

  

窓の位置や目隠しの位置

これも大事です。古い家ほど、塀や樹木でかなり道路から見えないようになってませんか?奥の位置に掃き出し窓なんかがあると相当まずいです。油断してカーテンをきちんと閉めてなかったりすることもあります(友人宅で見た)。上で空き巣に入られた家は塀と樹木で目隠しのパターン。ドラマでも「あっこの家は…」と察するようなところがあるでしょう?昼間でも余裕でやられちゃいます。こうなるとカーテンだけでなくシャッター設置や音を立てるもの、隠しカメラ等で物理的防御するしかない。

設計段階では自分が泥棒になりきって想像たくましくして話し合うこと。良い設計士さんなら周囲の窓とも調整して配置してくれます。

 

防犯カメラの設置

え、防犯カメラなんて大仰な!と思う場合はwebカメラで代用しましょう。家にWi-Fi環境があってお手元にスマホがあるなら、映像飛ばして外出先から様子をチェックできたりします。同じ原理でペットカメラや見守りカメラが普及しています。 

ドラレコと同じ感覚で有事に備えて記録を取る、という考え方も大いにアリです。

 

こういったものが有名ですが、でかくて目立ちますね。

 

 

 

上も本物だけど、基本的に見守り系で使われています。もしも侵入者に見つかって壊されてもいいようにフェイクで置いておいて、下のこれも予備で置いておくとその悪行がしっかり撮れると思います。

 

なぜ複数設置をすすめるかというと、物盗りに必要な時間〜逃亡までを考えたら短時間ですませている事例が多いというデータがある以上、防犯カメラを全部探し出すのはちょっと難しいためです。 

 被害に遭いやすい家は二重三重にも備えておきましょう。お悩みの方はご参考までに。

 

 

家電で物音を流す

これどうなんでしょう?タイミングが測れないと逆効果な気がします。ホーム・アローンは時代が時代だし。 防音性の高い家だと意味ないですね。

 

シャッターや雨戸で天岩戸

オンオフが激しい家だと露骨すぎる印象があるかなー。開けてるよりも閉めたほうがいいですね。在宅中の場合ちょっとは暑さ寒さを防げます。暗いけど。

 

蜘蛛の巣や細い糸を張っておく

スパイ映画かしら?でもすごく有効ですね。家の裏とか。

 

センサー付きの照明

住人にとって非常に楽なアイテム。外にも設置するとそのまま防犯にも使えます。中にスイッチがあるタイプは感知範囲やパターンを設定可能なものも。

 

設計段階で窓の種類や数を絞っておく

個人でできることは照明関係と確実にこれです。閉め忘れも減るし掃除も少し楽に。

 

 

思いつく限り挙げてみました。

窓に関しては今度別記事にします。それではまた!