おんなふたりで家を買った話

家購入までのかんがえかた、建ててみてどんなふうになったか、そして資産構築など。聴覚障害向けのライフハックも経験談含め盛り込んでいきます。

それ要るかな、要らないかな/3@インフラ

 

今回はインフラの話。

 

 

電気、ガス、水道

 

この3つは生活する上で大事なインフラです。

この記事は2人暮らし・室内飼いの犬がいることを前提としてお読みください。

 

ところでガスと電気、迷いますよね?

※自分が良ければ全部契約しなきゃいけないわけでもないのだよね。ボンビーガール見てるとちょっと不安に思うんだけどあくまでも契約だからね、するかしないかは自由。

 

我が家はオール電化。ガスは引いてない。

60Aで契約。太陽光パネルは載せてないです。セールス常套句となっている月々の電気代削減と売電で儲けること…の件ですが、導入コストと後始末コスト考えて正直言うとペイしないな、と考えた上でのことです。契約した工務店の方も欲しかったら早めに言ってくださいねと特にオススメしてきませんでした。

これは賛成派と反対派の意見がたくさん見られ、相当難しい話題ですよね。ただ、かなり地域差ありますよってことは第一に頭に入れてほしいのです。あとスペックや面積でも違ってきますし、何より重いので家の構造も見直さないといけません。特に考えるべきところはウザいほどアピールしてくる売電の額じゃないんです。(買取単価どんどん下がってるのになんでかなー)

あの形なので天災人災問わず対策が重要な邪魔物になりうるから。

あと設置する場所と向きに注意、ご近所トラブルの元。田舎に行くと相当問題になってるよ。

※てかはよ再エネ賦課金無くなれ!上がりすぎじゃ!今や電気料金の1割割り増しで取られてるんやぞぉぉぉ!

 太陽光パネルは買取単価が真っ先に目につくと思いますが、建てる所の気候、晴天率のデータや天災発生の想定は絶対にしておいたほうがいいです。そして近くの家や農作物に影響を与えないか?も考えること

別のメーカーの営業マンは太陽光パネルを推すわりに夏の発電量と売電金額しか見せてこなかったので(他の月のページをペラペラ見ていたらさりげなく手を入れられて夏のところに戻される失礼ぶり!)、そういう人に当たったら買わなくて結構です。導入したい方はしっかり資料見せてくれて検討に検討を重ねられる人から買ったほうがいいですよ。

オール電化太陽光発電はセットで語られることが多いけど、我が家のように太陽光無しの家もありますからね!なんでってよく聞かれるけどここに書いとくw10年単位で考えると正直どーなのと思うのと、プラスになる差額見たら別で稼いだ方がいいなと思ったから。

 

次はガス。

長く同じところに住む場合は、月々の光熱費削減するなら使用量を頭に入れて節約するのがセオリー。ガス派なら明朗会計で安い都市ガスを使いたいけど、プロパンだと各社基本料金がバラバラな上に高いわけでしてね。でも建物への導入コストは安いっていう…。

 

転居が多い人はコンロ問題が地味にツラい! 

ではここで転勤に振り回されたコンロ問題の歴史を振り返ってみましょう。

 

プロパン 同棲開始。コンロ買う。

 ↓

都市ガス(マンション)作り付け。プロパンのコンロ処分。

 ↓

プロパン 転勤。処分したことを後悔。しゃーないとまたコンロ買う。

 ↓

IHコンロ 転勤。古くなっていた鍋をこの機に一気にリニューアル。上のコンロは知り合いに譲る。

 ↓

プロパン 転勤。ここで流石にブチ切れた。P社のIHコンロ導入

 ↓

IHコンロ(←イマココ)今の家。

 

導入したのこれ。売れるの納得なくらい使いやすく掃除もしやすくて優秀でした。揚げ物も問題なかったよ。

 

で、設置状況がこうなった。 

f:id:zzzhm:20190718135109j:plain



この状態で料理してましたw

 

予備とアウトドア用にカセットコンロを持っていたので、どうしても同時に料理しないといけない時だけ引っ張り出しましたが(温かいうどんとかね…)、料理する順番とメニュー構成を工夫すると案外コンロが1つだけでも大丈夫なのです。

食卓で鍋したい時なんかもコンセント抜いて持って来ればすぐ使えるので使い回し優秀。コードがよく汚れるけど、拭き掃除で十分。ステンレス部分の掃除もガスコンロ設置するのと比べて圧倒的にサッサッとやれて便利。

あと、鍋の買い替えコストというのがありますがIH対応のものはどっちでも使えます。(ただし説明書よく見てね)

 

給湯・お風呂問題をクリアすれば(賃貸は基本ガス、稀にオール電化もある)、キッチンにわざわざでかいガスコンロ買わなくてもいいんですよ。あまり料理をしないで短時間で済むのならカセットコンロ、そこそこ料理して煮込みもするならIHコンロのどちらか好きな方を設置すればよろしいわけで。

 

enepi.jp

↑だいたいあってるァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

ガス派の人も、都市ガスかプロパンガスかで悩むじゃないですか。都市ガスを引ける地域は限られているので、住まいを決めるにも少々苦労しますね。プロパンだとボンベを運んでくれれば割とどこでも設置できるのでそこの違いも大きいんじゃないかなぁと。ただ賃貸だと選択の余地がないのがつらいところ。戸建てなら建てる時に建築会社と相談しつつ見積もりとったほうが良いです(普通は建築会社と組んでるのでそのままのケースが多い)。

 

普段の食生活からどのくらいコンロを使うか想定しておくこともおすすめします。多忙な人や外食派なら家ではコンロよりも電気ケトルをよく使うでしょうし。

私としてはコンセントさえあればガスボンベの置き場所やゴミ問題が一挙に解決するIHコンロがおすすめ。

 

圧倒的にガスコンロの方が掃除メンテ収納と三重苦でめんどくさいのよ!あと暑い!

 

IHコンロの方が圧倒的に掃除が楽!シュッシュして拭けばオッケー!そんな暑くない!

 

正直言うと、給湯のパワーはガスに軍配。エネファームというものもありますね。

オール電化エコキュート使っているんだけど災害時に心強いと言う点も付け加えておきたい。自宅に水タンクがあるのと同じで、浴槽やバケツに水を貯めておく他にエコキュートの中にも水があるという安心感も買えます。

我が家で使っているのはコロナのタイプ0なので参考までにリンク貼っておきます。

www.corona.co.jp

 

深夜料金が適用される時間帯にエコキュート内のタンクに汲み上げて温めておく仕組みなんだけども、仕組み上のためか上下水道代が定額プランみたいな感じになりましたw

生活パターンがあるためか面白いことに毎月ほとんど変わり映えしないんですよ…!

エコキュートのいいところは深夜料金でやってくれるところですが、悪いところは人数が多いと使用量が多いため料金が高い時間帯でも湯増ししないといけなくなり、かえってコスト高になる恐れがあるのでタンク容量は要検討!大家族は要注意です。実際、普段二人暮らしでも来客が泊まる日はバンバン湯増ししていますね。

基本は普段の生活パターンを学習するので割と大丈夫なのではないかな?数日不在するときも汲み上げ止め、帰宅日に合わせて再開の設定をすることができます。

ガス派の人からしたらこれちょっと手間かもしれませんね。元栓閉めるのと違って、ピッピッとやるだけだけどどうだろう…

 

給湯機能の程度も考えないといけない。これも地域差があります。

寒冷地はガスか石油のほうがパワーがあっていいですよね、すぐ温かいお湯が出るし。電気だけじゃキツイし着雪なんかで断線したら命の危機。何パターンか想定して備えておくといざという時に安心できますね。

 

我が家は石油ストーブなくても大丈夫な地域なのでオール電化を採用したというわけです。

去年の電気代をざっくり書くと、安い春秋で月/5〜6000円、高くなる冬で月/15000円の開きになりました。夏は猛暑でも意外と月/12000円。これと水道代だけなので、ガス代がかからないおかげで我が家の場合は光熱費を安めにあげられています。

※愛犬の体調管理のためペットがいない家よりはエアコンをガンガン使うためと60Aなので基本料金が高め。40Aとは違いますね、よっぽどのことをしなければそうそうブレーカー落ちない生活になっています。そして家電が不慮の事故で壊れにくくなりました。

プロパン月5〜8000円くらいは普通にいっちゃうもの!都市ガスと違いすぎだけど一番節約が難しいのがガスだと思うんですよね…。ガスヒーター快適だけどバンバン使ってたらガス代がえらいことになりますもんね…

※『サボテンキャンパス:漫画みずしな孝之津田沼くんの光熱費が非常に気になる。一家に一台津田沼聡。

そういう意味ではある意味エコキュートはメモリで残り湯量が表示されるので抑制効果があるんじゃないかと。

 

水道はお住まいの市町村によって料金が違う、ってことくらいで特に言及することはありません。以上の3つの中で最低限必要なのは水道ですが、逆に言えば安定しています。

 

あっそうそう。今の時代最後に付け加えるべきなのはネット回線です。

ネット開通するまでテレビも見れなくてビビりました。そういえば光セットになってるんだった。

長い賃貸生活でわからなくなってたよw 

 

 

↓『それ要るかな、要らないかな』 シリーズ化しています↓

www.zzzhm.work

  

www.zzzhm.work

 

www.zzzhm.work